awsの運用で利用できるecsのサービス

awsを効率的に運用するための技術として、多くのエンジニアに注目されているのがコンテナの技術です。コンテナを利用してアプリケーションを製作することにより、従来よりも応用範囲の広い、アプリケーションの製作が可能になります。

このコンテナアプリケーションの運用をサポートするために開発されたのがecsで、エンジニアも知っておくと非常に役に立ちますが、ここでは、このecsというシステムについて詳しく紹介します。

アプリケーション製作に役立つコンテナの技術

awsを効率よく運用するための技術としてさまざまな場面で活用されているのがコンテナです。コンテナとはオペレーティングシステムの一部を分離して稼動するために用意された領域のことで、他の部分とは分離しているために、まわりの影響を受けにくくなっています。

周囲から隔離されたコンテナ内でソフトウエアを稼動させることで、システムをより効率的に運用させることが可能になります。このコンテナの技術を使用して作られているアプリケーションがコンテナアプリケーションで、さまざまな用途で使用されています。

awsのシステムを運用している技術者の間でもこのコンテナ化の技術は注目されていて、システム内にコンテナを作ることで、システムの安定した運用にも役立ちます。ですが、awsでコンテナ化されたアプリケーションを運営するためには、コンテナに対する十分な知識も必要になり、システム設計の高度な知識も求められることから、コンテナアプリケーションを効率的に運用できるエンジニアの数は限られているのが現実です。

こうした状況の中で、awsで効率的にコンテナアプリケーションを運営するための技術として開発されたのがecsです。

ecsとはどのようなシステムか

ecsとはElastic Container Serviceの略語で、弾力性のあるコンテナサービスを運営するために、役立てることができる技術です。awsで提供されている各種のサービスと連携できる機能があり、一週間に数億単位のコンテナを扱うことができます。

LinuxやWindowsなどのオペレーションシステムに対応していて、それぞれのシステム上で作られたコンテナを管理することができる機能があります。ecsを利用して、自社のシステム運営に役立てている企業も多くあり、国内では有名な企業も利用しています。

ecsを提供しているのはアマゾンウェブサービスジャパン株式会社です。アマゾンは世界規模で事業を展開している国際的な企業ですが、日本国内におけるアマゾンウエブサービスに関連する事業を担当しているのがAWSジャパンです。

ecsはawsにおけるコンテナ化を総合的にサポートするためのサービスで、コンテナレベルでネットワークを構成することも、ecsを利用することで可能になります。高度なタスク配置戦略を実行する目的でもecsは使用することができ、ロードバランサーとしての機能も備えています。

コンテナ化に欠かせないオーケストレーションの技術

awsを効率的に運用するために利用されている技術が、オーケストレーションです。これはコンピュータシステムや、その上で起動されるアプリケーションなどの管理や設定を、コンピュータが自動で行うことができる技術です。

オーケストレーションを導入することで、管理や調整に必要な労働力を削減することができ、コストをかけないでシステムを運用することが可能になります。コンテナ化されたアプリケーションを、こうしたオーケストレーションで自動的に管理できるようになれば、さらに効率の良いシステム運用も実現できます。

コンテナ化でもオーケストレーションでも、それを運営するエンジニアには多くの専門的な技術が必要になるのですが、aws上でコンピュータの運用をサポートすることができるのもecsです。

ecsにはシステムのオーケストレーションを効率的にバックアップするための機能もあり、オーケストレーションを主な目的としてecsが利用される場合もあります。

コンテナ化することのメリット

awsでコンテナアプリケーションを効率的に運用するためには、システムの監視やログの記録も欠かせないことです。こうした作業が多くなればなるほど、コンテナアプリケーションにかかる負担も重くなりますが、システムを安全に運用するためには、アプリケーションにかかる負担をできるだけ少なくできるように設計する必要があります。

このような目的で使用できるのもecsで、コンテナアプリケーションを開発している技術者にとっても、利用しやすい技術です。そもそも、アプリケーションをコンテナ化することには、システムの運用上さまざまなメリットがありますが、その一つがさまざまな環境に対応できるようになることです。

条件が異なる環境においてもアプリケーションが正確に動作できるようにするために、コンテナ化は欠かせない技術になります。CPUやメモリなどシステムの運営に必要な各種のリソースを効率的に配分するためにも、コンテナ化は必要な技術で、それらをサポートできるのがecsです。

オーケストレーションを実現できるecs

コンテナアプリケーションにおいて、オーケストレーションの技術が必要になるのは、システムの運用において発生する可能性のある、さまざまな事態に対応できるようにするためです。サーバが複数存在するシステムにおけるコンテナのスケジュール管理なども、オーケストレーションを導入することによって、効率的に行うことができる作業です。

システム内で一部のコンテナに不具合が生じた場合にも、オーケストレーションの技術を利用することで、自動的にコンテナを適切な状態に戻すことが可能です。24時間体制でシステムを運用する場合には、管理者がいない状況でコンテナに異常が発生することも起こりうるので、万が一の事態に備えて、オーケストレーションを導入しておくことは、安全管理のためにも最適です。

コンテナアプリケーション内で取り扱っている情報を内部で厳重に管理したい場合にも、オーケストレーションは欠かせない技術です。

このようなオーケストレーションでコンテナアプリケーションを管理することにはさまざまなメリットがあるのですが、こうしたメリットをaws上で実現可能にできるのがecsの技術です。

効率的なシステム運用をサポートするecs

awsでアプリケーションを運用する際に、効率的な運用に役立つのがecsです。ecsとはAWSジャパンが提供しているサービスで、コンテナの技術を利用してアプリケーションを開発する場合に、利用すると便利なシステムです。

コンテナ化とともに広く用いられている技術がオーケストレーションで、ecsにはオーケストレーションの機能も備わっています。

合わせて読む:awsを使うときには運用チェックリストを作成しよう

Top